安定同位体比測定用スタンダード

弊社では、安定同位体比質量分析に不可欠なスタンダードを各種販売しております。
国際規格のIAEA製品及びNIST製品をはじめ、Indiana University製品、USGS製品など、海外メーカー品を各種取扱っています。
また国際規格スタンダードを用いて念入りに値付けした、弊社独自のワーキングスタンダード製品も販売しています。

ワーキングスタンダード

弊社では、Heフロー型安定同位体質量分析計(EA-IRMS, GC-IRMS)向けのワーキングスタンダードとしてアミノスタンダード®、水安定同位体比測定用ワーキングスタンダードとしてアクアスタンダード®を販売しております。
アミノスタンダード®は、δ13C、δ15N値について、出来る限り測定値が安定するように微粉砕・均一化し、弊社Dual Inletにより入念に値付けを実施しております。また、天然に存在する安定同位体比の値をカバーするように同位体比濃度を微調整しております。
アミノスタンダード®については、お客様の使用するEA-IRMSの装置感度に合わせ、Ludi社製スズコンテナに予め秤量し、96ウェルプレートに並べた形でのご提供もしております。作業性が高まり、研究・測定の効率が高まります。
アクアスタンダード®は、水の水素(δD)・酸素(δ18O)測定用ワーキングスタンダードとして、IAEA国際標準物質を用いて、入念な値付けを実施しております。 どちらも国際標準物質にトレーサブルであるよう最善の注意を払い、安定同位体比の数値を決定しております。また、この度、GC-IRMS用に弊社で同位体比濃度を調整し均一化したアミノ酸をIndiana大学によりδ13C値・δ15N値を決定していただき、同大学で販売を開始すると共に、弊社でも国内向けに販売を開始いたします。
日常の安定同位体比測定における装置コンディション確認にご使用下さい。

注意事項

  • USGS製品、ワーキングスタンダード製品など国際規格品でない製品は、国際規格品と併用するなど補助的に使用することをお勧めします。装置メンテナンス・キャリブレーションの際は、国際規格品をご使用ください。
  • ワーキングスタンダード製品は、装置コンディション確認にご使用ください。装置校正やRefガスの値付け等に用いた場合、後の分析結果に関するトラブルについては責任を負いかねます。
  • リストの同位体比は目安で、ロットにより若干前後します。正式な値は容器及び添付の分析表に記載されています。
  • 原料等の枯渇により、予告無しに販売停止する場合があります。
  • 為替の変動等により、価格を予告無しに変更する場合がございます。ご了承ください。

アミノスタンダード®

アミノスタンダード®リスト(EA-IRMS向け)
物質名 No. Lot δ13CvsVPDB δ15NvsAir
L-Histidine AZ1Z0 M6M9675 -11.4 -7.60
L-Alanine AZ1Z0 M5R9452 -19.9 -1.20
M8A0384 -18.5 -1.02
Glycine AZ300 M9R2283 -32.3 1.12
L-Alanine AZ100 M9R2064 -19.9 1.79
SS05 -19.6 3.70
M6R397405 5.00
SS09 8.70
AZ101 M6R397410 -19.6 10.1
SS13 13.7
SS16 16.1
AZ102 M0H912820 -19.9 20.6
M0H912820 -19.6 26.1
販売単位 1g
アミノスタンダード®リスト(GC-IRMS向け)
物質名 No. Lot δ13CvsVPDB δ15NvsAir
L-Histidine AA3 CLPR22981CIL -133.06  
L-Alanine AZ104-01 M0R3337N40 -17.93 43.25
Glycine AZ6Z2 CNLEK2218VALD -60.02 -26.63
L-Leucine AZ200 LAH0629 -28.36 6.22
L-(+)-Norleucine AZ201 LAM3141mix -28.85 18.96
L-Aspartic Acid AZ203 M1B6432N35 -23.95 35.20
L-Methionine AZ2Z0 D00129520 -29.40 -3.79
L-Valine #3 A0006 Indiana L-Valine #3 0.49 61.53
Phenylalanine AZ100-01 M0N1811NA -11.20 1.70
L-Hydroxyproline AZ1Z0 LAM3262 -12.66 -9.17
Amino Acid Set 9*1 ACZ1Z2NZ204SET      
*1
Asp, Val, Ala, Phe, Gly, Met, Leu, Ile, Hyp 3nmol N Set
販売単位 0.1g
δ値については、Indiana Universityで数値決定しております。
Glycine, L-Valine #3 及びL-Phenylalanineはインディアナ大学からも供給されております。

アクアスタンダード®

アクアスタンダード®リスト
物質名 No. δDvsVSMOW δ18OvsVSMOW
DOW W0000-02 -0.27 -0.086
SLW2 W0102-02 -70.8 -10.82
ICE2 W0202-02 -106.3 -14.51
DOW2 WZ0Z0-02 -5.28 -1.19
SLW3 WZ6Z1-02 -70.1 -10.47
DSW WA1Z2-02 -188.8 -27.52
販売単位 20mL 1本 または12Φ×32mmバイアル 10本
ご注意:ロットにより数値が変わることがあります。
保存は密封性の高い容器に、冷暗所で保存してください。

パッケージスタンダード

元素分析計-安定同位体比質量分析計システム(EA/IRMS)を使用して炭素-窒素安定同位体比を測定する時に使用する、装置コンディションチェックを行うためのワーキングスタンダードです。
安定同位体比受託分析で長年の実績がある当社スタッフが、当社で販売しているワーキングスタンダードを予めスズに梱包してお届けします。

パッケージスタンダードがおすすめの方
  • 初めて EA/IRMS で安定同位体比を測定する方
  • ほしいデータに直接関与しない作業の時間と労力をデータ解析に活用したい方
  • 取りたいデータが多くないため、大量のワーキングスタンダードが必要ない方

パッケージスタンダード例

96穴マイクロプレート入りの一例です。
サンプリング量・スズの種類・作製する数など、ご使用装置の感度を考慮の上、お客様のニーズに合わせて調製いたします。
梱包するワーキングスタンダードは当社で厳密に値付けしたワーキングスタンダードです。

取扱ワーキングスタンダードの種類例
  • L-Alanine
  • Glycine
  • Histidine

ページトップへ