ページの本文へ

光散乱測定器

光散乱測定法は、各種高分子の絶対分子量や微粒子の粒子径を測定する手法です。さまざまな用途で使われる樹脂やナノ粒子、バイオ医薬品の研究開発、品質管理に広く使われています。当社は、液体クロマトグラフィー(HPLC)のフロー検出器として使用可能な多角度光散乱検出器、全自動高速分析に対応するプレートリーダー型、簡便な測定に対応するバッチ型と目的に合わせモデルを取り揃えています。

ページトップへ

サイトマップ