受託分析

概要

安定同位体比質量分析計により、精度の高い安定同位体(D,13C,15N,18O,34S)の受託分析で長年の実績があります。
天然ジュース、純粋蜂蜜、メイプルシロップなどへの砂糖の混合を識別することができますので、輸入商材などの品質管理にご使用できます。
詳しくはカタログをご覧ください。

分析用装置


TC EA熱分解装置


DELTA V

分析項目

分析項目及び、測定可能なサンプルの形状・量等は下記の通りです。分析項目やサンプルの形状によっては前処理等が必要になり、また適した前処理も異なります。詳細はお問い合わせください。

真空ライン前処理法による高精度δ13C・δ15N分析
測定精度 0.1‰
必要試料量 C・N共に炭素及び窒素量で2mg
13C呼気分析(Breath Test)
測定精度 0.2‰
必要試料量 100cc(呼気)

植物・土壌・食品・海洋試料

δ13C・δ15N分析、Total-C・N分析、30Atom%までのTracer-13C・15N分析
測定精度 0.15‰(自然存在比)
測定値の0.3%(Tracer)
必要試料量 C・N共に炭素及び窒素量で50µg
有機物δD・δ18O分析
測定精度 δD:3.0‰
δ18O:0.4‰
必要試料量 D:水素で10µg
18O:酸素で45µg
地下水中のNO3態窒素δ15N分析
測定精度 0.15‰
必要試料量 窒素量で50µg
水・雪氷試料のδD・δ18O分析(平衡装置使用)
測定精度 δD:1.0‰
δ18O:0.05‰
必要試料量 δD・δ18O共に3mL
水・雪氷試料のδD・δ18O分析(熱分解法微量分析)
測定精度 δD:3.0‰
δ18O:0.4‰
必要試料量 0.2µL*1
*1
ただし、サンプリングのため最低1mLご提供ください。
大気中のCH4及びN2O分析
測定精度 CH4におけるδ13C:0.5‰
N2Oにおけるδ15N:0.5‰
N2Oにおけるδ18O:1.0‰
必要試料量 100mL(空気)
炭酸塩のδ13C及びδ18O分析
測定精度 δ13C:0.1‰
δ18O:0.1‰
必要試料量 炭素量で50µg
DICのδ13C分析
測定精度 δ13C:0.2‰
必要試料量 1.0mL*1
*1
ただし、サンプリングのため最低10mLご提供ください。

その他の安定同位体比分析

水の安定同位体比分析

水の重水素(δD)、重酸素(δ18O)の安定同位体比の測定を行っております。 測定方法は平衡法または光学式で、δD、δ18Oを精度よく測定いたします。 水分析は従来の平衡法に加えPICCARO社製のキャビティリングダウン方式による 水安定同位体比測定装置を導入し低価格化をはかりました。

重硫黄(δ34S)の安定同位体比分析

海水、温泉水等の水、植物、動物等の有機物等のδ34S、その他の分析を行っております。 前処理が必要になりますので事前にお打ち合わせをお願いいたします。

その他の安定同位体比測定

AOAC法による蜂蜜の同位体比測定、ジュース、野菜、魚、肉等の 食品の安定同位体比測定、貝殻、骨等の安定同位体測定も行っております。

その他ご希望の分析、また安定同位体試薬(SI:Stable Isotopes)に関する質問、ご希望等がございましたら、ぜひ昭光サイエンスまでお問い合わせ下さい。

ページトップへ

サイトマップ