クロマトグラムデータ処理 µ7 Data Stationシリーズ

概要

使いやすさを徹底的に追求したクロマトグラフィ解析ソフト

クロマトグラフィ解析ソフトの表示イメージ

クロマトグラフィ解析ソフトの表示イメージ

特長

  • 超小型A/Dユニット搭載、かつ超低価格で完全独立2chを実現
  • 不分離(ショルダー等)ピークのシミュレーション機能搭載
  • 充実したレポート機能。クロマトデータの貼付け、エクセルなどへのデータ転送もワンタッチ処理
  • AIAフォーマット又はテキスト形式対応で他社のクロマトも解析可能

分子量分布計算画面

分子量分布計算画面イメージ

  • 分子量結果が簡単に求められます。
  • 化学物質審査規制法も対応。分子量1,000以下の重量%が簡単に求められます。

レポート作成画面

レポート作成画面イメージ

レポート作成画面イメージ

  • 分かりやすい再解析画面。各ピーク毎の分子量計算結果など、色々な編集が可能です。

仕様

クロマトグラムの処理
測定
  • 面積/高さ
  • 分離度
  • 理論段数
  • 非対称係数
  • 半値幅
処理ピーク数 最大320
同定ピーク数 最大320
リテンションタイム 1/1000分 最大2000分
波形処理
  • 分離/不分離ピーク
  • テーリング/リーディングピーク
  • セパレーション
  • 区間ロック
  • 強制谷渡りベース
  • 負ピーク処理
  • 負ピーク反転処理
  • 強制ピーク指示
ADCモジュール
チャンネル数
  • 2ch独立(標準)
  • 4ch独立(オプション)
入力電圧範囲 2.5V~+2.5V
ダイナミックレンジ 106
直線性 0.1%以内
サンプリングポイント 最大100ポイント/秒
寸法 W125×D84×H24
重量 320g

ページトップへ

サイトマップ